• slider image

レディース革バッグの選び方

女性のバッグについて

女性の方で、バッグが好きな人は大変多いですよね。特にブランドもののを好む方が多いのですが、昔のように、ブランドの冠がついているからという安直な理由ではなく、こだわりをもって、バッグを選択している人が多いように感じます。

街中で歩く人のバッグを見ても、デザイナーブランドのバッグを持っている人、バッグ専門店のバッグを持っているひとと、様々な方がいらっしゃいます。見ていて気持ちいいのは、自分のファッションを理解して、バッグを選んでいる女性です。

ある知人の女性に聞くと、女性にとって、バッグは特別なもので、いくつ持っていても飽きないといいます。また、適当に選ぶのではなく、きちんとほしいものをしっかり見極めて買っていると仰っていました。
ひとつひとつのバッグに愛着を持っているという点にとても好感が持てました。

また、聞けば、どのブランドでも、ものすごい量のバッグの種類があり、形だけでも、把握できないほどの種類のバッグがあるようです。手提げタイプのものから、背負うリュックサックタイプのものまで、それぞれのブランドでこだわりのある形のバッグを見て、女性の皆さんは、バッグを選んでいるようでした。

高いものを買えばよいという考えではなく、自分自身の世界観を持って、ブランドを選んだり、ブランドの背景をしっかりと理解して商品を選ぶ方はとても素敵です。

是非皆さんも、製品を選ぶ際には、”こだわり”をもって選ぶよう心がけてみてください。

女性が持つ革のバッグの魅力

街中を歩く女性の中でも、特に魅力を感じるのは「革のバッグ」です。それも、ブランドなどの既製品ではなく、手作りの温かみを感じるようなオーダーメイドのバッグです。ア

男性が持っていても、「この人は、とてもこだわりのある人だな」と思いますが、女性も同様に、「流されずに、自分の世界観をもっている人なのかな」とその人自身の背景にあるものを考えてしまいます。

私にも、いくつか、好きな工房があります。手作りの革製品には、それにしか出せない独特の魅力があります。本革の製品の場合、ある程度の手入れが必要であったり、保管場所に気を配ったりする必要がありますが、それらを差し引いても、本革の製品を育てていく充実感があるものです。

おすすめの工房をいくつかあげると、まず、土屋鞄製作所が上げられます。

土屋鞄製作所は、ランドセル作りから始まったブランドで、40年以上も、その無骨ながらも、温かみのある鞄作りを続けてきております。都内のアイコン的な商業施設にも出店しているなど、店舗展開も積極的に行っている印象受けます。
製品は、ヌメ革を使用したものがメインとなり、使えば使うほど、味の出る製品を世にリリースし続けているようです。

次に紹介したいのは、「ヘルツ」というブランドです。

こちらも、前述の土屋鞄と同様に、40年以上の歴史をもっているブランドで、革の素材選び、素材作りに強いこだわりをもっているメーカーです。もちろん、技術には定評があり、ヘルツの鞄は、縫製のしっかりした点や、仕事の丁寧さで、見る人が見れば分かるほどです。

革の製品に必須となるしっかりとした、アフターケアも充実しており、コンセプトとして、そもそも、「お客様に製品を渡した時点では、まだ完成しておらず、お客様が製品を育てて初めて、100パーセントの製品になる」と言い放つほどです。

意外と知られていない革製品のブランドですが、オーダーメイドにも柔軟に対応しているメーカーで、長年の実績を持つ職人に自分の実現したい、バッグの相談が出来るのはかなり力強いです。

しっかりとしたメンテナンスを行うことで、言葉通り一生付き合える製品となり、愛着を持って製品を使っていきたいという方にはとてもおすすめです。

本格的な、バッグ製作を味わったことのない方は、一度、覗いてみると素敵な出会いがあるかもしれません。

Premium Wordpress Themes by UFO Themes